化粧水の目安が欲しい

キビやニキビ跡を治すために色んな化粧水を使ってるんですけどどれも効果がイマイチ・・・

美白成分がたくさん入ってるものも、肌が白くなるだけで滑らかな肌になることはなく美白の無駄遣いになる始末・・・

私たちニキビに悩む人が望んでいるのはすべすべで平らな肌なんです!

手術で治せば良いってよく言われるんですけど、やっぱり失敗例とか聞くと怖いですし、手術の後に肌が硬くなるとか聞きますし、だから化粧水で治したいんですけど、どの化粧水が良いんですか?

ニキビを治すためのスキンケア用品選びの目安となりそうなことを教えてください」

といったニキビ・ニキビ跡化粧水の悩みに対する回答を紹介します。

化粧師選びのポイントは「ビタミンC」

ニキビ跡を治す化粧水選びのポイントはビタミンCが含まれていることです。

ビタミンCは肌のトラブル全般に効くだけでなく、肌のターンオーバーを促すので綺麗な肌を保つのにも必要です。

他にも以下のような効果があります。

  • ニキビ跡の赤みを防ぎ元の肌色に戻す
  • ニキビ跡の色素沈着を防ぎ元の肌色に戻す
  • ニキビ跡の凸凹クレーターを作りにくくする
  • 皮脂の過剰分泌を抑える
  • コラーゲンの発生を促進する

ビタミンCは壊れやすい分子

しかし、ビタミンCは健康に対して好影響が多いため色々な食品・薬用品・飲料などで見かけますが、そのままの形だと分子構造が不安定で壊れやすいため十分な量を摂取するのが難しいです。

また、化粧水などの美容液にビタミンC成分を使おうとしても皮膚は水溶性の成分を弾きやすいという特徴があるので、構造が水溶性ではない誘導体の形で摂取するのが好ましいです。

そのため摂取しやすいビタミンC誘導体として成分に含まれている化粧水を選ぶようにしましょう。

ビタミンC誘導体は体内に摂取することで酵素反応などが起きることでビタミンCとなるものです。

この形状をとっていることによるメリットは、誘導体化によって生体外での安定化および生体内への吸収率が格段に向上することです。

つまり、ビタミンCをそのままの形で摂取するよりも安全かつ多量に摂取することができるということです。